FC2ブログ

sound plan M お知らせ

フルート教室とレンタル・スタジオのご案内

音と音の幅を表すのに「音程」を使います。
例1:
05_convert_20100807014617.jpg

例1図のように「ド」と「ミ」はド、レ、ミ、と3つ離れているので「3度」と言い表します。「ミ」と「ファ」もミ、ファ、ソ、と3つ離れているので「3度」です。
しかし同じ3度でも 全音と全音の組み合わせの物は「長3度」
全音と半音の組み合わせの物は「短3度」 と言い表します。

☆音名やコードを表すときも「○度」と呼びました。呼び方は同じですが話の前後関係で何を指しているのか分かります。

「ド~ファ」のように半音を1つ含む4度を「完全4度」
「ド~ソ」 のように半音を1つ含む5度を「完全5度」
 オクターブの関係にある音程を     「完全8度」といいます。

完全音程は1度、4度、5度、8度、の3種類だけです。

例2:
05_1_convert_20110129003149.jpg



完全音程が半音広くなると「増音程」 全音広くなると「重増音程」と呼びます。
完全音程が半音狭くなると「減音程」 全音狭くなると「重減音程」と呼びます。

例1図のように減3度や増3度は記譜上はあり得ますが異名同音に直すと長2度や完全4度になりますので気をつけましょう。
 
Q1
05_2.jpg



















答え
Q1=A
05_3.jpg