FC2ブログ

sound plan M お知らせ

フルート教室とレンタル・スタジオのご案内

レッスン曲ウンチク、今宵は  "All Blues"  です。

私がピヨピヨ🐤ジャズガール🔰だった頃 タイトル「All Blues」 を見て思わず ブルーノートスケールをAny Key(12の全部の調)で吹くのか?と思ってしまいました。(似たような練習に明け暮れておりましたもので)しかし譜面を見るとそんな事はなく、タイトルの意味は何なんでしょ?。

「みんなでブルース?」(NHK 「みんなのうた」 的な)
いや、いや、曲調が全然違う。ニューオリンズっぽい物だったらあり得るけど、此れはジャズワルツでマイルス自身の演奏はブルーノートも使わずにすっきりとモダン、哲学者のような意味ありげな
ロングトーン、3拍子で書いている段階でブルースから遠い、もっと違う事を言っているに違いない。All って何?、Blues って何?

ある時、歌詞を見てはっとしました。
歌詞は随分後にOscar Brown によって付けられているのですが、
マイルスの吹き方のイメージをとてもよく表していると思います。

The sea, the sky, the you and I(海、空、貴方がいる、私がいる)
The sea, the sky, for you and I
(海、空は貴方の為に、私の為に)
I'll know we're all blues
(私達は全てブルースだって事を知る事になるわ)
All Shades, all hues, all blues
(物事の光と影、それは全部ブルース)                

 

ここでいう「海」「空」は「天と地」地球と宇宙という万物の象徴、「悠々たるかな天壌」「天壌無窮」「悠久の時」といった言葉があるように宇宙は時の象徴でもある。                       

Huesは色相なので「物事の表部分」に対比する言葉としてShades日陰が並んでいる。 

般若心経の「色即是空」:「(色)=形あるもの、是れ即わち(空)=無なり」を思わせる。                         

Some blues are sad(いくつかの歌は悲しくって)
But some are glad,
(いくつかの歌は嬉しい):ここでいう「歌」は人生の事
Dark-sad or bright-glad (
暗い悲しみ 輝かしい喜び、どちかよ)              

They're all blues(どっちだって全部ブルース)

(Chet Baker版だと ↑この最後の1行を”We are all blues” と歌っていて、歌は2コーラスで終わり。私の好きなバージョンです) 


The color of colors
(色々な物事の中でも)
The blues are more than a color
(悲しみというものはより色濃く)
They're a moan of pain
(痛みによるうめき)
A Taste of strife
(争いの味=勝利の美酒と敗北の辛酸)
And a sad refrain
(争いは続く、そして悲しみがくりかえされる)

この詩は有無同然といった大無量寿経や、般若心経のように物事をColorという言葉で表し表裏一体性について語り「争いを止められない」という人間の実相に話が及ぶ辺り、仏教哲学のセンスがある方が書いたんだな、と思いました。仏教用語の説明は専門家に任せて 

All Blues =「人生は苦なり(シッダルダ)」「全部ブルースだぜ(マイルス)」

テーマ冒頭のロングトーンには「The Sea」「The sky」という言葉が当ててあります。是非 悠々たるイメージを重ねてマイルスのような意味深なロングトーンを奏でて下さい。







Eenestine Anderson 版は歌詞が5番+α フルで歌っていますが
演奏スタイルとしては2コーラス(2番まで)を1セットでアドリブを回すことが多く
Voも歌詞は2番までしか使わないケースが多いです。

4番以降の歌詞は直訳でもま、解ると思います。
今回の焦点は「All Blues の意味」なので翻訳割愛させて頂きます。



レッスン曲ウンチク 今宵は Satin Doll です。
このミディアム・スローのスウィングは誤魔化しがきかない、とても大事なエチュードとなります。
(誤魔化しとはピラピラ早吹きをしているだけの演奏を指しています。)
オリジナルはデューク・エリントン楽団、
アルバムで発表してから5年も後に歌詞が付けられたそうです。
原曲はインストゥルメンツですが英語の歌詞が付いている物は是非Vocalをチェックしてみて下さい。
英語の歌詞のイメージがあるとスゥイング感、グルーヴが解りやすい。
英語の歌詞のイメージとは辞書引いて調べろ、という意味ではなく単語のリズムです。

♪ Cigarette holder which wigs me
over her shoulder, she digs me.
Out cattin' that satin doll. ♪ と頭の中で歌いながら吹くといい感じです。

でも折角ですから意味も知りたい、Satin Doll って「絹のお人形」となりますが
どういう意味なのでしょうか?スラングだらけで辞書を引いても分からないところが沢山ありますが

♪キセル(=シガレット・ホルダー)がそそるぜ(スラング:wigs me 俺のかつら=身の毛も・・じゃなくて頭の毛が逆立っちゃってんのかな)
彼女、肩越しに、俺に気があるのか?(digs 掘る=俺を掘る、ように見ているのね)
獲物を狙っている(Out cattin=切り取る、お持ち帰りかな)
そうあいつ サテンドール!
************************
キセル片手に素敵なドレスをまとったいい女、サテンドール という情景が見えてきました。
CigaretteHolder1.jpg


有名な曲なので名演奏が沢山ありますがお気に入りはMichel Petrucciani です。


YouTube って有難いですよね、私はPetruccianiさんがこんなに小さい方だとは知らなかったし、
繊細なハーモニーを奏でるオスカー・ピーターソンがあんなに大きな人だったって事も知らなかった。カセット・テープに入れてもらったピーターソンの"We get Requests"が宝物だった頃を思うと
夢のような時代だと思います。



オリジナルの Duke Ellinton.
Ella.Fのヴォーカルはテーマフェイクのアイデアが一杯です。


今日はレッスン教材として扱っている曲のウンチクです。

ジャズのイントロとエンディングは演奏者がコード進行も含めてオリジナルな物をくっつける事が多いのですが All things you are には有名なイントロがあります。
それはラフマニノフの「鐘」からCharlie Parker がインスピレーションを受けて作られたそうですが
思わず最初からジャズの曲としてイントロから作曲されたのか?と思ってしまう程 多くの方が
Charlie Parker のイントロ・エンディングを使います。
まずはラフマニノフの自作自演から。(冒頭の鐘の音のようなメロディーに注目。)



ジャズ・バージョン



こういう有名なイントロを演奏する時は譜面通りフェイクせずにきっちりやって下さい。
特にアウフタクトが伝わるように、耳で何となく真似するのではなく譜面を確認しましょう。
(勿論、オリジナルのイントロ、エンディングを作っても良いのですよ。)

All things you are 事態は "Very warm for May" というマイナーなミュージカルのナンバーで
バースも素敵なロマンチックな曲です。こんな素敵な曲が入っているのに、ヒットしなかったそう
ですが寧ろ気になるので観てみたいです。



Very warm for May02



Very warm for May01
西国分寺スタジオのグランドピアノは子供から大人まで色々な方にご利用頂いておりますが
中でもピアノ科の音大生がご利用になった後に弾きに行くのがとても楽しみなのです。
Q:何故でしょう?  



A:全然違う音がするからです。

弾いている量も弾き方も全然違いますのでピアノに痕跡が残っているんです。
どういうイメージを持って音楽を奏でていたのか奏者の性格まで伝わってきます。
今日は指先にまで神経を尖らせピンポイントで狙ったかのような繊細で輪郭のある
華やかで幻想的な音がしました。もう触った途端に感動。
自分との違いがはっきり分かるのでとても勉強になります。
「弾きに来てくれて有難う」ピアノも喜んでいます。

そしてやっと、オレンジ色の外の鉄扉、閉まるようになりました。(これ横開きなのに思いっきり前後に引っ張られレールが歪んでしまい閉まらなくなっていました。)
なので「横開き」というマグネット・ステッカーを扉に貼りました。
スタジオ内では更に模様がえ、機能アップさせております。
○背景スクリーン設置。
○大画面モニターにPCを繋げます。
○wifi 使えます。西国分寺スタジオからネット配信も出来ますよ。
YouTube 観ながらダンスのレッスンも出来ます。

現在 #西国分寺スタジオ は公共の乗り物を使わずにお越しになれる方、(徒歩、自転車、自家用車)
のご利用は受け入れてさせて頂いております。20畳のスペースとアクリルパネルの仕切りで
ヴォーカル、管楽器のレッスンは可能です。
三密を避ける為、グループレッスンでのご利用は不可となります。0F8BD946-6A8A-4000-8D25-BCB77260E124.jpeg
先日はこの曲の練習用音源を編集しておりました。
 Chris Connor (1953)は曲の構成が AA'BA' なんですが 
Sarah Vaughan (1954) の方は AA'BA なんですね。 
1コーラース締めるのにA'を使わない、というのは中々印象深く終わらせない感が格好良くて ちょっと癖になり、練習用音源もコチラを採用しました。 
フルートの最低音をも使いたかったのでEmに設定しております。
 2番目のリンクはサラ・ボーンです。日本語訳も付いている有難い資料です。
 そしてバードランドと言えばNYに行った際 
Frank Wessさんが「今日はいい所に連れて行ってやる」とおしゃって 
「バードランド」に連れて行って下さったという特別な思い出の場所であります。 
(NY行きに誘って下さったBlueSky.Eにも感謝。) 
01_1_20200412220921f6e.jpg

 (ふ古い…。私とFrank氏とベースのあきも) Birdland の Bird ってチャーリー・パーカーの事なんですね。 「Bird」というチャーリー・パーカーの映画もありますが 右端に写っている人はそれ観て落ち込んだそうです。 監督クリント・イーストウッドですからね、私はむしろ買いたい。


 




#ジャズ通信講座 #ジャズフルート通信講座 #フルート通信講座 #JazzConception